国土交通省 中国運輸局
Google
ウェブ全体を検索 サイト内を検索
更新日2016年12月1日 サイトマップお問い合わせ
  1. トップ
  2. >
  3. 自動車に関する情報
  4. >>
  5. 事業用自動車の保安
事業用自動車の保安
事業用自動車の保安についてお知らせします。
〔構成:自動車技術安全部保安・環境調整官〕


自動車運送事業者の行う安全確保 矢印運輸安全マネジメントについて

矢印運行管理者について
運行管理者の選任と資格
運行管理のための情報
運行管理者資格者証の交付を受けるには
事故防止に関する参考資料
お知らせ・最近の法令等改正情報

矢印整備管理者について
整備管理者の選任と資格
整備管理者選任前研修
整備管理者選任後研修UPDATE
整備管理のための情報

矢印自動車事故報告書について
事故報告の対象事業者
事故報告の必要な事故


運輸安全マネジメントについて

 平成18年10月から、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法令(道路運送法及び貨物自動車運送事業法) の一部を改正する法律が施行されました。
 「輸送の安全性を確保すること」は、もとより運送事業者の当然の責務ですが、今回の改正法の施行により、事業経営者の安全 確保義務が明確にされました。
 すべての運送事業者は、経営トップから現場の運転者に至るまで輸送の安全が最も重要であることを自覚し、運輸安全マネジメ ントにより絶えず輸送の安全性の向上に努めなければなりません。

矢印 運輸安全マネジメントとは?


安全・安心のために

 自動車運送事業は、営業所を一度離れると運行中の安全の確保が運転者にほとんど全て委ねられ、道路上を自家用車や歩行者等と 混在して走行するなど,運転者に特に高い安全意識と能力が求められています。
 こうした自動車運送事業の特徴に対し、これまで、営業所ごとに一定の車両台数に応じて、国家資格を持つ運行管理者等から、安全運 行に対する具体的な指示、運転者の勤務時間等の適正な管理、運転者に対する指導監督、国への事業用自動車の事故報告等により、安全 運行の確保を図るという運行管理制度の下で、輸送の安全の確保を図っています。

運行管理者について

 運行管理者は、事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務を事業者と一体となって 遂行する職務を担う必要があることから、安全の確保に関する業務を遂行するために十分 な管理者数が必要であるとともに、専門知識、経験が要求されることになります。
 こうしたことから、事業者は、営業所毎に、配置車両数に応じた数以上の運行管理者を 選任しなければならないとともに、複数の運行管理者を有する営業所にあっては、統括運 行管理者を選任しなければなりません。
 また、運行管理者を選任及び解任した場合には、 遅滞なく(届出事由が発生した日から15日以内)に国土交通大臣にその旨を届け出 なければなりません。

矢印運行管理者の説明ページは
こちらUPDATE
運行管理者の選任と資格
運行管理のための情報
事故防止に関する参考資料
最近の法令等改正情報

整備管理者について

 自動車の安全確保と公害を防止するためには、自動車の使用者が自主的な点検と必要に応じた整備を確実かつ適切に行い、保安基準に適合するよう 維持管理しなければなりません。
 しかしながら、自動車運送事業者等のように、多数の自動車を保有している場合には、自動車の使用者自らが自動車を点検・整備することが困難 となる 場合が多く、これらを自動車の運転者に任せることになり、結果、自動車の点検・整備が確実に行われないこととなりかねません。
 整備管理者は、このような問題に対処するため、自動車の使用者が、自動車の点検・整備・管理に関し、一定の要件を備える者を整備管理者とし て選任し、 点検・整備の管理に関する権限を付与することにより、責任体制を確立し、自動車の安全性の確保と公害防止を図っています。


矢印整備管理者の説明ページはこちらUPDATE
整備管理者の選任と資格
整備管理者選任前研修
整備管理者選任後研修UPDATE
整備管理のための情報

自動車事故報告書について

 旅客自動車運送事業者、貨物自動車運送事業者(貨物軽自動車運送事業者を除く。)、特定第二種貨物利用運 送事業者及び自家用有償旅客運送者並びに道路運送車両法第50条に規定する整備管理者を選任しなければならない 自家用自動車の使用者は、その使用する自動車にあっては、当該事故があった日から30日以内に、当該事故ごとに自動車事故報告書3通を当該自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局長を経由して、国土交通大臣に提出しなければなりません。

矢印自動車事故報告書の説明ページはこちら
事故報告の対象事業者
事故報告の必要な事故



中国運輸局ロゴ
プライバシーポリシーリンク・著作権・免責事項
Copyright © Chugoku District Transport Bureau