文字のサイズ変更

トップイメージ

トップ > 安全・防災に関すること > 安全性評価事業(Gマーク)について
安全性評価事業(Gマーク)について
 貨物自動車運送事業安全性評価事業(安全性評価事業)とは、トラック事業者を利用する荷主等がより安全性の高い事業者を選択することができるようにするとともに、トラック事業者全体の安全性向上に資するため、各運送事業者の安全性についての取り組み等を正当に評価・認定し、公表する制度です。
 認定にあたっては国の指定を受けた実施機関(北海道は、(社)北海道トラック協会)が、各運送事業者の安全性に対する法令の遵守状況や交通事故、違反の状況及び安全性向上に対する取り組みの状況について、点数評価を行い、基準点数以上を獲得した事業所を『安全性優良事業所』として認定するものです。

 安全性優良事業所認定のシンボルマーク「Gマーク」は、安全性について高い評価を得たトラック事業者にのみ与えられる“安全・安心・信頼”の証です。

 北海道運輸局は、安全性重視の視点から優良なトラック事業者が荷主から選ばれる社会環境となるよう、積極的に取り組んで参ります。

※「Gマーク」ステッカーの図柄、具体的な制度内容及び認定事業者名簿は、(社)全日本トラック協会の安全性評価事業のホームページでご確認願います。