トップイメージ

トップ > 地域公共交通 > 地域公共交通維持・活性化推進に関する調査 > 「北海道運輸局管内におけるビッグデータを活用した効果的な公共交通網の分析手法に関する調査等業務」について


「北海道運輸局管内におけるビッグデータを活用した効果的な公共交通網の分析手法に関する調査等業務」について
 
 北海道における地域公共交通は、路線バスの輸送人員が年々減少し、一部地域では不採算路線からの撤退・事業の縮小が行われるなど厳しい状況が続いている。そのために、持続可能な交通網の形成に向けた総合的な検討を実施している地域もあるが、住民の移動実態やの移動の潜在ニーズを定量的かつ精緻なデータとして把握することは難しく、またデータの効果的な分析手法にも乏しく、データの分析に基づく効果的な公共交通網の分析は行うことは出来ていない。
 一方、情報通信技術の発展に伴い、社会には様々なビッグデータが形成され、そのポテンシャルが期待されているところであり、平成27年度には国土交通省自動車局及び総合政策局により「ビッグデータの活用等による地方路線バス事業の経営革新支援調査」により地方路線バスの経営革新に向けて活用できるビジネスモデルと分析ツール(以下、分析ツール)が作成されている。
 そこで本事業では、分析ツールを活用し、データの可視化による分析及びバスのサービスマーケティング分析を踏まえたバス路線の改善策の検討を行うこととする。

北海道運輸局管内におけるビッグデータを活用した効果的な公共交通網の分析手法に関する調査等業務

 報告書【概要版】(PDF : 3.5MB)