ページトップ

[本文へジャンプ]

北海道運輸局 > 海事に関すること > 海の日・海の月間 > 海の日・海の月間の意義

海の日・海の月間の意義印刷用ページ

海の日

「海の日」… 令和3年の「海の日」は7月22日

私たちの国は、四面を海に囲まれた海洋国で、はるか昔から外国からの文化の伝来をはじめ、人の往来や物の輸送、産業、生活などの各分野にわたって、海に深くかかわってきました。昨今、ウォーターフロントが開発・整備され、マリンレジャーが広く普及するなど、海を利用する機会が多様化しましたが、一方で地球環境の保全という観点から特に海の役割が一層高まっており、海洋汚染防止などの必要性が一層高まっています。
このような海の重要性にかんがみ、国民の祝日「海の日」を設けようと国民運動が大いに盛り上がり、その結果、平成8年から「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」として7月20日が国民の祝日「海の日」として制定され、さらに平成13年6月、「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が成立したことにより、「海の日」は平成15年から7月の第三月曜日となり、三連休化されております。(2021年はオリンピックの影響で変更されています)

「海の月間」… 7月1日から31日

「海の月間」は、「海の日」の三連休化を契機に、「海の日」本来の意義が失われることなく、三連休化がより有効に活用されるよう環境づくりを進めていくこととし、広く国民の皆様に「海」に対する理解と認識を高めていただくために設けられているものです。
このため、国土交通省では、関係省庁、地方公共団体や海事関係団体の協力を得て、国民の祝日「海の日」を含む、7月1日から31日までの1ヶ月間には、 「海フェスタ」をはじめ、全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っています。(今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、イベントの規模を縮小するなど影響を受けております。)