文字のサイズ変更

トップイメージ

トップ > 自動車に関すること > トラック事業について

貨物自動車運送事業 

●事業の種類 〜 貨物自動車運送事業とは〜

  他人の需要に応じ、有償で自動車を使用して貨物を運送する事業を総じて貨物自動車運送事業
 と言います。

  貨物自動車運送事業は、

  ・一般貨物自動車運送事業(下記の特定・貨物軽自動車運送事業以外)
  ・特定貨物自動車運送事業(特定の者の需要に応じ行うもの(原則1荷主))
  ・貨物軽自動車運送事業 (三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を使用して貨物を
               運送するもの)

                                  に区分されています。


● 貨物自動車運送事業を始めるには

 1.一般貨物自動車運送事業 及び 特定貨物自動車運送事業

 (1)許可申請について

  北海道運輸局長の許可を受ける必要があり、まず許可申請書を、営業所を設置しようとする
 最寄の運輸支局に提出しなければなりません。
  提出された申請書は、運輸支局で形式審査を行い、その後、北海道運輸局において内容審査
 を行います。
  なお、許可が決定されるまでには、申請後、おおむね3〜4ケ月程度かかります。
  

  【申請の流れ】
 運輸支局に申請書提出 → 法令試験を受験・合格 → 北海道運輸局にて内容審査
            ※試験は隔月(奇数月)で実施

 → 北海道運輸局にて許可決定


  許可に際しては、一定の基準を満たしている必要がありますので、詳しくは(2)の公示基
 準及び経営許可申請書作成の手引をご覧ください。



 (2)貨物自動車運送事業に係る「公示基準」 及び 「各種様式」

  ■ 貨物運送事業に係る公示基準等

  ■ 各種申請等の様式例

   ■ 法令試験条文集 (国土交通省HPにリンク)
      ※1. リンク先の下部のほうにある「■資料提供 ○法令試験条文集」に掲載しています。
      ※2. 223ページありますので印刷する場合はご注意ください。
      ※3. 当該条文集は、試験当日に当局より配付(貸出)いたします。関係資料等の持ち込みは
         不可ですので、受験者が事前に印刷して持ち込むことはできません。
     

 2.貨物軽自動車運送事業

 事業を始めるに先立ち、営業所を置く管轄の運輸支局に届出が必要となります。
 届出書類に不備がなければ、車のナンバーを変更後、すぐにでも事業を始められます。
 届出用紙は様式例を参照してください。

 運輸支局に届出書提出 → 運輸支局にて受理 → お近くの軽自動車検査協会にて事業用ナンバー交付

安全性評価事業(Gマーク)について

● 燃料サーチャージについて

 ・燃料サーチャージ制運賃の導入について(国土交通省HPへ)

 ・トラック輸送適正取引(燃料サーチャージ等)推進相談窓口について(国土交通省HPへ)

中小企業等経営強化法に基づく計画認定制度について(貨物自動車運送事業)(国土交通省HPへ)

北海道トラック輸送における取引環境・労働時間改善地方協議会