ホーム > 陸上・海上の交通 > 船舶 > 船舶検査の概要

船舶検査の概要

船舶所有者の皆さまへ

船舶所有者は、その船舶を航行させる場合、船舶の安全性を確保するために、船舶安全法に基づき定期的に検査を受けることが義務付けられています。

国土交通省では、総トン数20トン以上の船舶を対象とした検査を行っています。
プレジャーボートなど総トン数20トン未満の船舶については、こちらをご覧下さい)

具体的には、次のような検査があります。
1. 定期検査
初めて船舶を航行させるとき、又は船舶検査証書の有効期間が終了したときに受ける検査です。この検査に合格すると、新しく船舶検査証書が発行されます。なお、船舶検査証書の有効期間は、船舶の総トン数や用途により決まっており、5年又は6年となっています。
2. 中間検査 
定期検査と定期検査との間に受ける比較的簡易な検査です。
中間検査には、第一種、第二種及び第三種中間検査の種別が有り、船舶の総トン数や用途により検査内容が異なります。
3. 臨時検査 
改造、修理等を行ったとき、または、航行区域や最大搭載人員を変更するときなどに受ける検査です。
4. 臨時航行検査 
船舶検査証書を持っていない船舶を、臨時に航行させるときに受ける検査です。

検査の手続き、検査の内容、検査手数料等詳しい内容については、最寄りの運輸局・運輸支局、海事事務所へお問い合わせ下さい。 (連絡先はこちら
プレジャーボートの検査について
総トン数20トン未満の船舶(一般的なプレジャーボート)の検査は、国土交通省ではなく、日本小型船舶検査機構(JCI)が担当しています。
ただし、エアクッション艇水中翼船などの特殊な船舶は、国土交通省が検査しています。ご注意下さい。
また、一般的なプレジャーボート(総トン数20トン未満)の場合、定期検査は6年毎、中間検査は定期検査の後3年目に受けることになります。
手続きや検査の内容など、詳しくは、最寄りの日本小型船舶検査機構の各支部ヘお問い合わせ下さい。(連絡先はこちら
なお、船舶検査が必要なプレジャーボートは次の通りです。

船舶検査が必要なプレジャーボート
水上オートバイ モーターボート
  ■水上オートバイ               ■モーターボート
エンジン付きヨット エアクッション艇
      ■エンジン付ヨット          ■エアクッション艇
      ■20海里よりも遠くへ行くヨット   ■ホバークラフト
管内関係機関の住所及び電話番号一覧
近畿運輸局・運輸支局・海事事務所
名称 所在地 TEL
近畿運輸局
海上安全環境部
船舶安全環境課
〒540-8558
大阪市中央区大手前4−1−76
大阪合同庁舎第4号館11階
06-6949-6426
京都運輸支局
(舞鶴庁舎)
〒624-0946
京都府舞鶴市字下福井901  舞鶴港湾合同庁舎
0773-75-0616
和歌山運輸支局 〒640-8404
和歌山県和歌山市湊1106-4
073-422-3016
勝浦海事事務所 〒649-5355
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地8-5-5
0735-52-0260
日本小型船舶機構  (JCI)
ホームページはこちら
名称 所在地 TEL
大阪支部 〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾7-7-3
06-6554-0151
大津支部 〒520-0002
滋賀県大津市際川1-2-12
077-525-2687
舞鶴支部 〒624-0913
京都府舞鶴市字上安久135-5 第2西矢ビル
0773-76-3282
和歌山支部 〒642-0002
和歌山県海南市日方1242−6
073-482-6665
■問い合わせ先:近畿運輸局 海事振興部 船舶産業課
TEL 06-6949-6425  FAX 06-6949-6457

関連サイト・サポート情報