ページトップ

[本文へジャンプ]

四国運輸局 > 分野別情報 > 海事(海運・船) > 「海の日・海の月間」について

「海の日・海の月間」について印刷用ページ

海事振興部

海の日
■「海の日」 (7月第3月曜日)
 7月20日は、昭和16年以来「海の記念日」として、海運、造船、港湾などの海事産業や船員等これらに従事する人々について国民の皆様に理解を深めていただくために、全国各地でいろいろな行事が開催されてきました。
 海洋国家日本にとって、海は非常に重要なものであることから、近年になって国民の祝日「海の日」を設けようと国民運動が大いに盛り上がり、平成8年から7月20日が国民の祝日「海の日」として制定されました。また、祝日法の改正により、平成15年からは、「海の日」はハッピーマンデーとして、7月の第3月曜日となりました。
 
■「海の月間」(7月1日〜31日)
  「海の月間」(平成14年までは「海の旬間」)とは、広く国民の皆様に「海」に対する理解と認識を高めていただくために設けられているものです。このため、国土交通省では、地方公共団体や海事関係団体の協力を得て、7月1日から31日までの1ヶ月間にわたってに全国各地で海に関するさまざまなイベントを行っています。
 
■四国運輸局管内の「海の月間」行事
 四国運輸局では、海事思想の普及を図るため、毎年「海の日」、「海の月間」についての広報活動を行うほか、「海の月間」の記念行事の開催、支援、協力を行っています。
 期間中に海事功労者等表彰式典、絵画コンクール作品展、体験航海、海洋教室、港湾清掃、ヨットレース、クルージングなどの行事が催されます。
 
 
「海の月間」行事 
絵画コンクール(高松市にて) ヨットレース(高松港にて)
絵画コンクール(高松市にて) ヨットレース(高松港にて)
 
 
松山大会 カッター
海洋少年団全国大会(松山)
 
 
造船所見学会(徳島) 進水式見学会(今治)
造船所見学会(徳島) 進水式見学会(今治)
 
 
海の日記念式典(宇和島) 工場見学会(高知)
海の日記念式典(宇和島) 工場見学会(高知)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク