ページトップ

[本文へジャンプ]

四国運輸局 > 組織別情報 > 交通政策部 > 【海事産業の振興】

【海事産業の振興】印刷用ページ

 令和元年度において、四国の旅客航路事業者は95事業者(全国964事業者)で、全国比9.9%を占めています。また、内航海運事業者は450事業者(全国2,872事業者)で、全国比15.7%、船腹量ベースで全国比17.7%を占めています。
 造船関係については、令和元年度において、四国の許可造船所数57社(全国263社)で、全国比21.7%、建造許可実績は総トン数ベースで全国比31.9%を占めています。また、四国における令和2年度の輸出総額に占める船舶の割合は37.3%と、四国の経済規模と比較しても大きな割合を占めています。
 海事産業は、四国の地域経済を支える主要産業であり、国際競争力強化のための環境整備や地域を支える担い手確保・育成に取り組んでいます。

1.海事産業の基盤強化の取組
2.造船業・内航海運業の担い手確保・育成
3.海事思想の啓発
4.海事観光の振興
5.「海の駅」をはじめとする舟艇利用促進

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader

Adobe Readerダウンロードページへのリンク